羽毛布団|合い掛けふとん・肌掛けふとん

合い掛けふとんとは

冬用の2/3の重量の合い掛けふとんは、春・秋に調度良く、また毛布やケットと組み合わせやすく、使い勝手の良い1枚。羽毛は、気温に合わせて、保温性・通気性を調整する働きがあります。通気性に優れた羽毛は、寒い時期だけでなく、暖かい時期にも、とても快適、1枚あると便利です。
シングルサイズで700g前後の羽毛を使用しているものが一般的です。










肌掛けふとんとは

羽毛の肌掛けふとんは、ダウンケットと呼ばれる事もあります。ダウンケットは、シングルサイズで200~300g程度が一般的です。
冬は、毛布代わりにしても調度良いですよ! 毛布よりも軽く、寒さの厳しい日だけ、重ねたい時にもぴったり。1枚あると、年中便利です。



2枚合わせ

羽毛の肌掛けふとん、合い掛けふとんの2枚をセットになっているものを、「2枚合わせ」、「デュエットタイプ」と呼びます。組み合わせ次第で幅広い季節に対応できます。
2枚合わせタイプの注意点は、2枚併せて使う時に、生地が2枚になる分、重くなる点です。生地が重い程、羽毛も膨らみにくく、ダウン本来のh本掛けとしてのご使用だけを考えるとしたら、シンプルな本掛けの方が、軽くて暖かな寝心地です。重さが気にならない体力のある方におすすめです。










▼ ダウンのグレードから探す





















羽毛布団

羽毛布団の特徴
羽毛布団の選び方

羽毛布団の選び方
お手入れ方法

羽毛布団のお手入れ
羽毛布団の工場

羽毛布団工場の様子
羽毛布団 ゴールドラベル

ゴールドラベル
羽毛布団

CILラベル